IoTシステム技術検定-基礎 英語略称攻略クイズ(41~61)

IoT

英語略称に絞ったクイズとなっております。

88
Created on By sldn0225sldn0225

IoTシステム技術検定 基礎 英語略称系攻略クイズ(41~61)

勉強したものの、なんとなくモヤモヤしていませんか?

そのモヤモヤはきっと英語略称が多くごちゃごちゃしているからでしょう。

そういった英語略称を整理するクイズを作りましたのでチャレンジしてください。

ご用意したクイズは61問で、41~61問が出題されます。

合格率は厳しめの80%とします。ぜひチャレンジしてみてください。

1 / 21

日本国内で発生したセキュリティインシデント(攻撃事例)や特に緊急性の高い脆弱性やその対応方法について、情報提供しているサイト

2 / 21

イーサフレームヘッダにタグ番号を追加することで、イーサネット、LANをグループごとに分割する仮想ネットワーク

3 / 21

通信距離が10cm程度の近距離無線通信の規格。交通系ICカードなどに用いられる。

4 / 21

従業員が個人所有のUSBデバイスなどを社内ネットワークに接続させ、業務利用すること

5 / 21

ネットワーク構成定義やトラフィック制御設定を自動化するための、技術やネットワークサービスの総称。IoT向けに期待されている。

6 / 21

振り返りのフレームワーク

7 / 21

レイヤ3のネットワーク層で暗号化するセキュリティプロトコル

8 / 21

公衆網上に専用の通信チャネルを仮想的に構築するもの

9 / 21

インターネット制御メッセージプロトコル

10 / 21

IPv4、IPv6、IPXなどさまざまな通信プロトコルに対応したVPNプロトコル

11 / 21

LTE無線上のパケット通信によって音声サービスを提供するもの

12 / 21

3GPP Release 15で規定化された通信規格でIPを使わずNB-IoTの制御信号にデータを乗せることで通信する方式

13 / 21

CPU能力が低かったり、メモリ容量が低いなどの制約された環境下でも効率的に通信できるように設計されたアプリケーションプロトコル

14 / 21

日本で使用されているソフトウェアなどの脆弱性関連情報とその対策情報を提供しているサイト

15 / 21

IBMとEurotech(ユーロテック)のメンバーにより1999年に考案されたプロトコル。IoTに適したシンプルで軽量なプロトコル

16 / 21

公開鍵暗号技術と電子署名を使って安全な通信ができるようにするための仕組み、セキュリティ基盤

17 / 21

拡張MTC(Cat.M1の別名)。マシンタイプ通信。3GPPにおけるM2Mの表現

18 / 21

3G(WCDMA)、4G(LTE)、5Gなどの移動通信システムの国際標準化プロジェクト

19 / 21

TDD-LTE方式に準拠したLTEベースの自営無線システムを組めるような通信規格

20 / 21

Webアーキテクチャの1つで特定のURLにHTTPを用いてアクセスするプロトコル

21 / 21

暗号鍵を安全に管理運営する専用ハードウェアで内部に暗号鍵を確保したまま暗号処理、電子署名などの機能を提供する

Your score is

The average score is 88%

0%

第1章IoTの概要を知る
第2章IoTのエコシステムを知る
第3章IoTデバイスを理解する
第4章IoT応用システムを理解する
第5章IoTにおける通信方式を知る
第6章IoTでデータを活用する
第7章情報セキュリティを知る
第8章IoTビジネスモデルを創出する
クイズ英語略称攻略クイズ(01~20)
クイズ英語略称攻略クイズ(21~40)
クイズ英語略称攻略クイズ(41~61)
クイズ英語略称攻略クイズ(全問ランダム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました