IoTシステム技術検定-基礎 英語略称攻略クイズ(21~40)

IoT

英語略称に絞ったクイズとなっております。

53
Created on By sldn0225sldn0225

IoTシステム技術検定 基礎 英語略称系攻略クイズ(21~40)

勉強したものの、なんとなくモヤモヤしていませんか?

そのモヤモヤはきっと英語略称が多くごちゃごちゃしているからでしょう。

そういった英語略称を整理するクイズを作りましたのでチャレンジしてください。

ご用意したクイズは61問で、21~40問が出題されます。

合格率は厳しめの80%とします。ぜひチャレンジしてみてください。

1 / 20

無人航空機を~という(ドローン以外の言い方)

2 / 20

カメラなどから入力された画像を処理する技術

3 / 20

米国防総省内の防衛高等研究計画局

4 / 20

自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術

5 / 20

建物の3次元地図情報の運航者への提供などを行う運航管理システム

6 / 20

おおむね10~100mの範囲を接続する通信網

7 / 20

急ブレーキなどの操作において、車輪のロックによる滑走を低減する装置

8 / 20

赤外光による光無線データ通信を規格化している団体、また規格の名称

9 / 20

会話、ジェスチャ、タッチパネルなどマウスやキーボードに依存しないより自然なコンピュータ入力インタフェース

10 / 20

おおむね1~10mの範囲を接続する通信網

11 / 20

自動車技術会。モビリティ専門家を会員とする米国の非営利団体

12 / 20

デンマークのZensys(ゼンシス)が開発した技術を基に標準化された無線規格、各社の互換性の確保が行われている。周波数帯は900MHz

13 / 20

Arduinoが備えてるパルス幅変調

14 / 20

複数の機器が同時に通信をした際に衝突が発生すると送信時間を変えて再送を行う通信方式

15 / 20

相補型金属酸化物半導体、固体撮像素子の1つ。電荷ごとに増幅送信。

16 / 20

レーザー光を走査しながら対象物に照射し、その反射光を観測することで、対象物までの距離などを特定する光学センサ

17 / 20

自動メータ検針のために策定された無線規格。マルチホップ通信技術が搭載されている。

18 / 20

1本の光ファイバを光カプラを使って分岐させ、複数の加入者宅まで光ケーブルを引き込み、ONUを設置して利用するシステム

19 / 20

ベルギーに本部を置く次世代エレクトロニクス技術の研究開発を行う国際研究機関

20 / 20

光ファイバで主に家庭向けにインターネット接続サービスを行う通信方式

Your score is

The average score is 86%

0%

第1章IoTの概要を知る
第2章IoTのエコシステムを知る
第3章IoTデバイスを理解する
第4章IoT応用システムを理解する
第5章IoTにおける通信方式を知る
第6章IoTでデータを活用する
第7章情報セキュリティを知る
第8章IoTビジネスモデルを創出する
クイズ英語略称攻略クイズ(01~20)
クイズ英語略称攻略クイズ(21~40)
クイズ英語略称攻略クイズ(41~61)
クイズ英語略称攻略クイズ(全問ランダム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました